小野スタイル

なりたい姿を叶えるたった一つの心

投稿日:

はい!
いつもありがとうございます。
予祝事務局の小野スタイルです。

 

3ヶ月ぶりに行った美容室で
お馴染みの美容師さんに「太ったな〜」と言われ
3ヶ月という時間の持つ
無限の可能性を感じています。

 

かつての28歳ガリガリだった時の僕と
今の36歳お腹ぽっちゃりの僕との比較を交えながら
「なりたい姿を叶えるたった一つの心」について
話していきます。

 

なりたい姿を叶えるたった一つの心とは

 

先に結論からお話しします。

なりたい姿を叶えるたった一つの心とは

自分を好きな心です。

 

べつの言い方をすると
どれだけ自分を気に入っているか
どれだけ自分を応援しているか
どれだけ育てようとしているかです。

 

そして、なりたい姿を叶える時に
不必要な心は
「自分の足りないところを責める心です」

 

自分さえ好きであれば
自分の応援さえできれば
コツコツを積み重ねていくことで必ずゴールにたどり着きます。

 

まだ僕は人生道半ばですが、
28歳ガリガリで不安だったことが
全部どうにかなってます。

 

下にわかりやすく対比しますね。

年齢
28歳:36歳
8年あればひとは変わります。

仕事
絶望たのしい
本当にいい人と仕事ができていて楽しいです。
理不尽に怒られる会社員時代がうそのよう。

お金
不安ありがたい
本当にありがたくてお金の心配は無くなりました

時間
拘束わりと自由
会社員じゃなくなりました


なんか足りないいつも幸せ

体型
ガリガリお腹周りぽっちゃり
ここだけかつての方がいいかも

 

ネクラ出身の僕は

ネクラ出身の僕は、
28歳くらいまで自分のことが嫌いで
自分のことを責め倒していました。

 

その責めたるや
技のデパート舞の海の如く
「どうせお前には無理だ」と真っ向から否定しテンションを下げた上で
「なんで行動をしないんだ」と正論攻めて、行動したら
「そんなんじゃダメだ」と行動のあらを探す。

 

まさに舞の海の三所攻め。

 

いや、この前僕の昔の姿にそっくりな芸人さん見つけたんすよ。
いやーネクラ出身にはたまらくツボです。

あ、これ余談です。

 

 

いつもなんであの人はこんなに楽しそうなに僕は、、、
と人と比べまくってました。

いろんな人に憧れて
あーなりたい
こうなりたいを
あたまの中でイメージしてました。
でも叶っていなかった。
未来を予祝していても叶わなかった。

でも、あの不遇の時期があるから

目標ってものができたんですね。

 

コツコツが未来を切り開く

 

29歳くらいですかね、
効率よくしようとするんじゃなくて
最短でゴールまで行こうとするのではなくて
コツコツ勉強しようって思ったんです。

 

遅すぎるくらいですが、

ここで気がつけてよかったです笑

 

それから心理学を勉強して
自分を大切にするってことを勉強して

コツコツ身につけて

自分を応援できるようになって

自分を成長させることができるようになって

もう僕は今だいぶ自分を気に入ってるんですね。

 

自分のできないところも
キモさも
グルグル天然パーマも全部含めて。

 

今日の小野スタイル

 

昨日、YOUTUBEの収録をしていたのですが
開始2時間くらいで疲れてしまい、
後半は上の空でした。
すみません笑

そこで体力の衰えを感じて
今日生まれて初めて朝ランニングをしました。

何回も歩いたけど、
またすぐに何回も走り出しました。
そこに昔との変化を感じました。

 

昔だったら
ランニングしようと思わなかった
ランニングしても歩く自分を許せなかった
ランニングした自分を褒めなかった。

 

かつてなりたいと思った姿には
必ずなれます。
もし予祝が叶わないと思っている方がいたら
自分を気に入っているかだけ
こまめに確認するようにして欲しいと思います。

 

以上、小野スタイル流
コツコツ予祝の叶え方でした。

 

長い文章を読んでいただきありがとうございました。

-小野スタイル

Copyright© 予祝プロジェクトサイト , 2020 All Rights Reserved.