オススメ 予祝事例

予祝乾杯でガンが逃げ出す!??

予祝MAP講師の蜂須賀孝子です。

宮崎県で予祝MAP講師を伝えています。

これは、

私の主人の母のお話です。

私が予祝を知ったばかりの頃。

2018年の7月、

大嶋さんの講演を聞いた翌日のこと。

 

ガンがあるかもしれないらしいのよ

仕事から家に帰ると、

主人と母が何やら話をしています。

「どうしたの?」と聴くと、
母の口から出た言葉は、

「あのね、もしかしたら、

 もう一つの肺にも

 ガンがあるかもしれないらしいのよ」

 

信じられませんでした。

2年前に片方の肺がんを克服して

今は元気にしている母。

 

もう一つの肺が

またガンに侵されている?

そうだ!

私昨日講演会で聞いた「予祝」って

こういう時にするんじゃないの?

と思い立ちました。

主人と母に予祝の話をしました。

こんな時は、

元気に明るく予祝乾杯しましょ!
「お母さんのガンが消えてなくなりました〜!

 やった〜(^^♪おめでとう🎊」って、

 予祝するんですよ!って。

それから、

毎日毎日みんなで、

予祝の言葉をいいながら乾杯しました。

 

1ヶ月たち、

再検査の日。

ガンを見つけられない

 

なんとなんとなんと、

先生がガンを「見つけられない」と。

 

先生がカルテに

なにも書けない状態だったそうです(笑)

姉たちは信じることができず、

念のため佐賀の重粒子の治療だけ、

受診を進めました。

 

最初のガンの時は16回治療したのが、

今回はほぼ形がないので、

4回だけ。

母は今、

元気に生活しています。

 

習慣になった予祝乾杯

このことが母は実体験となり、

家族が集まる度に、

子供や孫の幸せを予祝で乾杯しています!

今年もお正月にみんな集まった時に、

孫の赤ちゃんが、

7月に元気に生まれました〜\(*⌒0⌒)♪って、

予祝乾杯したそうです💜

他にも私も、

私の周りもたくさんの予祝ドリームストーリーがありますので、

少しずつご紹介致しますね(^^♪

貴方も、

予祝ドリームストーリー経験したくないですか?

一緒にhappyな夢を叶えましょう(≧∇≦)

 

この記事を書いたのは 予祝MAP講師 蜂須賀孝子

 

 

※この記事は、治療も行った事例であり、

予祝でガンが治ると推奨しているものではございません。

 

-オススメ, 予祝事例

© 2020 予祝プロジェクトサイト