和弥

マイナス言葉は危険

こんにちは和弥です。

先ほど歯医者に行ってきて

痛かったら左手上げてくださいと言われ、

痛いけど、我慢をして冷や汗がで続けていました。

そんなことはさておき、

本日はマイナスの口癖は危険!

ということをお話ししたいと思います。

日常で発する言葉を気にかけているでしょうか?

言霊

言霊という言葉を聞いたことがありますか?

日本では昔から『言葉には霊的な力がが宿っている』と考えられており、

言霊(ことだま)」「言魂」とも書きます。

言霊とは

良い言葉を言えば良いことが起こり

悪い言葉を言うと悪いことが起こるというものです。

ポジティブな言葉を言えば物事が上手く行く、

逆にネガティブな言葉を言うことで悪いことが起こるなど、

そういう経験をしている方は多いのではないでしょうか。

また、言霊は日本だけでなく世界各国、

様々な国や地域に存在する魔法の呪文や神に捧げる祈りの言葉などで、

浸透しています。

例)マイナス言葉

「面倒くさい、でも、無理、どうせ、できない、つまらない、」

これらの言葉を頻繁に聞く、もしくは使っていると感じるのなら要注意。

こうしたネガティブな言葉を口にしたり聞いたりすると、

それが言霊になりマイナスエネルギーが脳に影響を与えてしまいます。

不安に陥っている時はネガティブな言葉を口にしてしまいがちですが、

そんな時は「大丈夫」「うまくいく」などポジティブな言葉をつぶやくだけでも脳が騙されて、良い方向へ向かいます。

例)プラス言葉

「ありがとう、嬉しい、楽しい、感謝します、幸せ、おいしい、」

特に「ありがとう」という言葉は、意識していないとほとんど使っていないと言う人も多いと思います。

「ありがとう」は言われた側も嬉しいですが、自分で発した言葉を

一番聞いているのは自分です!

世の中に当たり前のことはないので、

最近、色々な物事に対して当たり前と思ってた方は、

ありがとうを意識してみて口に出してください!

まとめ

言葉は自分にも相手にも人生に大きな影響を与えます。

毎日使う言葉だからこそ、

プラスの言葉を意識してみることをオススメします!

以上!和弥でした!

オススメ動画

↓↓↓↓↓↓

 

-和弥

© 2020 予祝プロジェクトサイト