予祝チャンネル ムネ

お金に愛される予祝

どうも、予祝ブロガーのムネです。

 

お金に愛されたい人

年収をあげたい人

 

にこそ、お勧めしたい、

 

「お金に愛される予祝」

について、書いていきます。

 

毎日予祝をして、

月収1億円になった営業マンの方のお話です。

 

僕もご本人にお会いしたことが

ある方の実話ですので、

実際に真似することで、

あなたの年収も上がります。

 

 

 

その方は、

営業の仕事で会社勤めをしていたそうです。

 

 

ですが、営業成績を追いかけて、

ノルマばかりをせっつかれていて、

すごく自分の仕事の意味と価値を考えるようになったそうです。

 

 

そこで、一念発起して、

独立して個人事業主として、

営業の仕事を始めます。

 

 

ですが、全くといっていいほど、

うまくいかない。

 

 

そんな時に、

ある一つのことに集中し始めたら、

状況が一気に好転し始めたんです。

 

 

何に集中したのか?

 

何が1番年収を上げるために、

お金に愛されるために、

 

何が一体、重要だったのか?

 

 

あなたは、なんだと思いますか?

 

 

 

それは、

『目の前の人を喜ばせること』

だったんです。

 

 

驚きですね~

 

少し綺麗事にも聞こえる人もいるかもしれません。

 

その方が、

目の前の人を喜ばせることを、

どう予祝したのかというと、

それは毎朝のシャワーから始まります。

 

 

 

毎朝シャワーを浴びながら、

感謝の粒を身体中に浴びているイメージをしたんです。

 

 

「この一粒、一粒が自分と周りへの感謝。」

 

そう思って、1日をスタートした。

そこで、考えることこそが予祝です。

 

『今日は会う人をどうやって喜ばせよう?

 

それだけを考えて、

今日会う人が喜んでいる状態が、

何をするかが、

くっきりとイメージできるまで、

頭の中で予祝したそうです。

 

 

そして、イメージが出来きったら、

1日のスタート。シャワーを止める。

 

 

そして、この予祝習慣を始めて、

まず1番最初に喜ばせたのが、

感謝の原点でもある、

この世に産んでくれた、

 

自分のお母さんだったそうです。

 

 

すると、

次にお母さんの友人。

 

 

そして、

そのまた友人と、

 

 

目の前の人を喜ばせることに集中したら、

毎日を自分と周りの喜びを予祝することからスタートしたら、

 

あれよあれよと、

数珠つなぎで営業がうまく行き始めたんです!

 

 

つまりお金というのは、

目の前の喜んだ人の、感謝の想いが、

姿を変えたものだったんです。

 

 

目の前の人のお役に立つ。

 

目の前の人を喜ばせる。

 

 

それを積み重ねると、

周りの人も、お金もあなたのことをほっとかない。

 

 

なので、年収をあげたい人、

お金に愛されたい人は、

ぜひ、まずは出会う人を愛してあげてください。

 

 

どうやったら喜んでくれるか?を

毎朝、明確になるまで、

予祝をして、実際にあった時にも喜んでもらう。

 

 

ぜひ、お金に愛される予祝をやってみてください。

 

今日も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

あなたの今日が最良の1日になりますように。

 

 

-予祝チャンネル ムネ

© 2020 予祝プロジェクトサイト