ども、ムネです!

今日も書いていきたいと思います。

 

 

今日は、

『ユートピアの作り方』

についてです。

 

 

神奈川にある美容室

COXグループの円城寺さんから

教えてもらったのですが、

 

 

昔の日本には、

「国褒めの神事」という行事があったそうです。

 

 

別の地域から移動して、

新しい地域を治める立場に就任した人は、

最初にこの「国褒めの神事」を行いました。

 

 

何をするかというと、

「その地域の良い所を神様と地域の人たちの前で褒め倒す」

のです。

 

 

なぜ最初にそれをするのか?

 

 

では、

少し神様の立場にたって

考えてみましょう。

 

 

それでは、

あなたは今、神様になりました。

 

 

おめでとうございます~

 

一旦は、今だけの神様なので、

神様タイムを噛み締めてくださいね。

 

 

そんな、

あなたのところに、

新しい担当(!?)の人が来ました。

 

 

 

その人は、

就任挨拶でこんなことを言ってくれました。

 

 

『この地域は、、、

寒いからこそ、育つ農作物があって、

人はとても温かく思いやりがあります。

 

広大な土地があり、しっかりと栄養を加えれば、

すごく伸び代に満ちた可能性の塊です。

 

こんな地域になったのは、

きっと、すごく素敵な神様と

すごく素敵な人たちが、

すっとこの地域にいてくれたからだとおもいます。

 

私は、この地域を担当できるのが

うれしくてたまりません。

これからよろしくお願いします。』

 

 

めちゃくちゃ、

うれしくないですか?笑

 

 

「へへっ、わかってんじゃん~」

ってなりますよね?

 

ニヤニヤしちゃうと思います。

 

 

最初の質問に戻しますね。

なぜ最初にそれをするのか?

 

僕の解釈ですが、

・まずは今いる場所で人を喜ばせる

・まずは自分から良い所に目を向ける

ためだと思います。

 

 

人は、足りないところに

目がいってしまいがちです。

 

 

・周りの人に恵まれていない

・上司や会社がイケてない

・自分ってツイてない

・自分は誰かと比べて損してる

 

 

と思う時って、ないですか?

ありますよね~

 

僕としては、

思ってしまうのはしょうがないと

思います。

 

だって、そう思っちゃったんだもん。

 

でも、

その上で、

見方を変えることもできる。

 

 

もしかすると、

実際に事実は、

あまり恵まれていないのかもしれません。

 

 

でも、

まずは、今いる環境の良さを見出す。

 

同じ事実でも、見る人によって、

全く違って見えているかもしれない。

 

 

もしかすると、「ユートピア」

理想の環境は、

最初から目の前にあったのかもしれません。

 

 

もちろん、劣悪すぎて、

心が辛くなったり、毎日が苦しく辛い場合は、

すぐにその場所を離れてください。

今すぐ逃げてください。

 

 

でも、今日の話で、何かしらピンときた人は、

少しだけ見方を変えてみてもらえたら

嬉しいです。

 

 

今日はこんな感じで終わります。

 

 

今日も最後まで読んでくれた

あなたが大好きです~

 

それでは~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です