こんにちは!

人間力大學事務局の加藤です。

かなり気温も下がってきていて冬が近づいている感じですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

僕は今日は長野にきていますが、やっぱり寒いです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に自信をつけるには!?

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に自信をつけるための一つの方法としてアンカリングという方法があります。

最高の状態のイメージをしてそれと紐づけをしてその動作をやってしまうということなのですが、弊社の漢那がそのことについてYouTubeでこう話しています。

 

 

 

「今日はやる気とやる気と自信を引き寄せる「予祝決めポーズ」についてお話をしていきます。

これを取り入れるとですね本当に自信がついてやる気スイッチが一気にバチっと入りますので、ぜひ実践していただけたらと思います。

これはわかりやすくいうと未来の自分の理想の状態、夢や目標が叶った状態を想像します。

そしてその時の自分がこのポーズをやっていたら最高だと思うポーズを実際に今行うことです。

例えばですねガッツポーズを突き上げてるポーズとかバンザイして凄く喜んでいるポーズとか人差し指を突き出しているポーズとか何でもいいです。

で、実際にその未来の夢が叶ったときにやっているポーズじゃなくても大丈夫です。

それを象徴するようなポーズを一つ決めてください。

そして未来の想像をして、こんな理想の状態をつくりたいっていうのを描いたうえでそのポーズをやる。

それをすることによってこの未来の最高の状態を感じた感情と自分の動作を紐づける効果があります。

これをですね、ぜひですねお風呂とか朝顔を洗うときとか朝の身支度しているタイミングで取り入れてみる。

あとは緊張したときとか自分がここは勝負どころだって思ったときにそれを取り入れてやってみてください。

どんなメカニズムになっているかっていうと脳科学的にこれをアンカリングとかっていう風に言われてるんですね。

脳科学とか心理学の世界でそういう風に言われるんですけど、船を定着させるためにアンカー、碇をおろすじゃないですか、それと同じでそこに紐づけるっていうニュアンスでアンカリングっていわれてます。

ですので、この未来の感情と今の動作を紐づけるですよ。

例えば梅干しみたらヨダレでるじゃないですか、すっぱそうで。あとはパブロフの犬とかっていて鐘を鳴らすと犬にエサをあげる。そうすると犬はいつの間にかエサがなくても鐘が鳴ったらヨダレが出てくるようになるとかといったもの身体的な生理現象と何か一つの物事を紐づけてアンカリングしてるんですね。

あとはメンタルの脳科学のパイオニアでですね西田先生という大嶋啓介さんの師匠でもある西田先生。

西田先生は女子ソフトボールの日本代表チームをですねメンタルトレーニングしてたんですけど、その時にその女子ソフトボールチームに人差し指を突き出すポーズっていのを皆さんに指導しました。

で、こうピンチの時とかにもあえてやるんですよ。そうすることによって一気に脳をですね集中した状態、快の状態に切り替えてスイッチを入れるっていう効果があるのでそれを取り入れてます。

このような形でその自分の理想の状態っていうものと今の自分のこのポーズって決めたものを紐づけるんですね、そしてそれを毎日行っていくことで集中状態に一気に持っていっりとか脳を快の状態にスイッチすることができます。

ですので、やる気や集中力をアップさせるためにこの予祝決めポーズは凄く重要なワークになってます。

ですので、やる気を引き出したい、集中力を上げたいとか、あとは自分を自信がある状態に一気にスイッチを入れて導きたいと思ったときはですね、この未来の自分の理想を先に今喜ぶ、先に今やってしまう予祝決めポーズっていうのをやってみてください。」

 

 

 

理想のイメージとポーズで自信をつけまくって最高の未来を引き寄せていきたいですね♪

 

 

 

 

 

弊社の予祝決めポーズについての話はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです♪

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

株式会社プロセミ

代表取締役 加藤昌人

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です