オススメ 予祝事例

絵に描いたミッキーに会えた!

予祝MAP講師の松崎亜希子と申します。

これは私の友人の娘の話です。

絵や写真としてイメージを描くと

現実になるという例です。

お絵かきが好きじゃないの

昨年の夏に友人の家に遊びに行ったときのことです。

そこには小学2年生の娘さんがいました。

 

絵日記を書いている彼女に話しかけると

「絵日記が宿題なの~、

 でもね、

 お絵かき好きじゃないの。」と言っていました。

絵をうまく描けないことから、

絵が嫌いになっているようでした。

続けて私が、

「夏休み、どこ行きたい~?

 行きたい所はあるの~?」と聞いてみると、

「うん」と返事して、

絵を描き始めました。

瞳キラキラさせて、歌を歌いながら。

楽しんで描かれたディズニーランドの絵

楽しみながら、

時間をかけて

彼女が描いた絵は、

ミッキー、ドナルドダック、

他にもディズニーのキャラクターたち。

あとお城、

それに花火のような空に散る鮮やかな色。

ディズニーランドの絵でした。

 

私の友人は娘の絵を見て、

「ミッキー似てないわねー」。

「じゃあママ描いてよ」という言葉から

みんなでお絵かきタイムが始まりました。

 

私も友人もみんなで

ミッキーを描いたのですが、

全員があまりミッキーに似てなくて

笑い合いました。

私はそこで帰ったのですが、

その後日談が劇的でした。

 

パパに見てもらうことが、嬉しくて

私が訪問したその日に

その子は帰宅したパパに

「見て見て~」と嬉しそうに

ディズニーランドの絵を見せたそうです!

さらに翌日から毎日ミッキーや他のキャラクターの絵を

上手く描けるように練習しては

パパに見せていたそうです。

現実になったディズニーランド

ある日、パパがクレジットカードの明細を確認すると

有効期限が切れてしまうポイントがあるとわかり、

そのポイントで交換できるものの中に、

なんと!!ディズニーランドのチケットがあったそうです。

家族で行ったディズニーランドは

本当に楽しかったそうです。

願いをかなえるためには

夢は、何度も思い出すこと、

イメージする回数を増やすことで

叶いやすくなる。という典型ですね。

あなたもこういった経験あるのではないでしょうか?

私も予祝MAPを作ったことによりかなった夢、

いっぱいあるんですよ。

 

この記事を書いた人は  予祝MAP講師 松崎亜希子

-オススメ, 予祝事例

© 2020 予祝プロジェクトサイト