たかはし

寝る前に予祝をすると人生が劇的に変わる話

こんにちは!

たかはしです。

こんな経験ありませんか?

・夜寝る前にスマホをいじってなかなかぐっすり眠れない、、、

・心配事があって、なかなか寝付けない、、、

 

今日は、眠りの質を上げ
人生を劇的に良くする方法について
書いていきたいと思います。

 

睡眠の重要性

睡眠は大切

そんなの誰でもわかってると思います。

ぐっすり眠れたほうがいいし
体力も回復する。

でも、、、

なかなか寝られない、、、
寝足りない、、、

そんな方も多いと思います。

理想的な睡眠時間はひとそれぞれ
違いはあると思いますが

一般的には
7〜8時間くらい眠ると

翌日のパフォーマンスが上がる、というふうに言われています。

一日の約3分の1を睡眠に使うということは
90年の人生と考えると

単純計算30年は寝ていることになります!

睡眠の質を向上すれば
人生がよくなると感じることができると思いますが

では、どうしたら睡眠の質があがるのか??

 

ハーバード大学の睡眠実験

ハーバード大学で
こんな睡眠の実験が行われました。

【実験】
被験者を3つのグループにわけて
睡眠に入るまでの時間を計測した実験です。

①グループ
寝る前になにも考えないで寝る

②グループ
寝る前に心配事が消えるイメージをして寝る

③グループ
寝る前に楽しい未来のことを想像して寝る

 

さて、どんな実験結果が出たのでしょうか?

 

①グループは
寝るまでにかかった時間は1時間

 

②グループは
寝るまでにかかった時間は40分

 

③グループは
寝るまでにかかった時間はなんと

20分!

 

つまり、寝る前に
自分の明るい未来を想像して眠りに入ることで
よりスムーズな睡眠に入れるということです。

 

寝る前に予祝をしよう!

睡眠の質を上げる一つの方法として
ぜひオススメしたいのが

寝る前に予祝をする、ということです。

予祝についてはコチラをご覧ください

 

寝る前に、将来の自分を想像し
それが叶った時の感情を思い浮かべる。

そうすることで
睡眠に入りやすくなり

より深い質のいい睡眠を得ることができます。

 

寝る前のゴールデンタイム

さらに、寝る前の10分間を
専門用語で「ゴールデンタイム」と言われています。

ゴールデンタイムとは
自分の中にある潜在意識に繋がる時間といわれており

その時に考えていたこと
イメージしたことが

自分の深層心理にアクセスするということです。

長くなっちゃいそうなので
今日は詳しくは書きませんが

一言でいうと

寝る前に考えたことが

これからの自分をつくっていくために

大きな影響を与える

ということです。

 

ぜひ今日から寝る前に

「明日の1日はこんな最高の日になる!」

「将来はこんなふうになってるぞ!」

 

と楽しい未来のことを想像して
眠ってみてください♪♪

 

動画で見る場合はコチラ

-たかはし

© 2020 予祝プロジェクトサイト