体験者の声

予祝体験者の声(3)|齊藤忍さん

予祝は夢を叶える最高のメソッド!!

昨今では、「夢の叶え方」という文言を至る所で目にしませんか?

脳科学、心理学、スピリチュアル、伝統、哲学など、様々な面から自己啓発市場は盛り上がりを見せています。

一体どの教えを選べばいいのか、分からなくなるほどです。

予祝グランドマスターの齊藤忍さんに予祝メソッドの凄さについて伺ってきました。

これまで幾多の学びを積んできた忍さんですが、彼女によると予祝は本当に素晴らしいと言います。

そこで今回のインタビューでは、予祝の良さに迫りました。

予祝と一般的なメソッドとの違いが分かる内容だと思います。

 

予祝に出会ったきっかけを教えてください。

ありがとうございます。大嶋啓介さんが2017年、ひすいこたろうさんから日本古来の夢の叶え方を聞いたと伺ったのがきっかけです。それをメソッドにしたいと言う事で、予大嶋啓介さんのブレインの存在の矢部裕貴さんがワークにし,第1回予祝講座が開催されたんです。私も参加しました。

1回予祝講座は、どのようなものだったのでしょうか?

今の予祝講座にもかなり近いものだけど、日本の伝統をベースに脳科学や心理学を交えながら行われました。その時は1DAYのセミナーで、ひすいさんも来ていました。「前祝いの法則」の本が出る前でもあったので、フォレスト出版の稲川さんも来てらっしゃいましたね。

最初に大嶋さんからは、どのように声を掛けられたのですか?

直接伝えてもらいました。予祝を伝導していきたい。一緒にやらないかって声かけてもらいました。私も大嶋さんと同じ志。子どもたちに夢,希望を増やしたい。私も一緒にやりたいと思いました。

大嶋さんとはどんな形で出会われたのですか?

2008年くらいだったかな、西田文郎先生の講演会,イベント,スーパーブレイントレーニングの勉強会でご一緒させてもらいました。その時はちょこっとお話をさせて頂く位のご縁だったんです。北京オリンピックソフトボールにも貢献した存在だと西田先生からも聞いていました。遠い存在でしたね。そこから大嶋啓介さんの人間力大學桑名校に通わせもらい,私が高校野球のメンタルトレーニングをしているところからたくさんお話しをさせてもらい,野球部のメンタルに入ってもらったり,学校講演にも沢山同行させていただきました。

 

予祝講師になられてからはどのように活動されてきましたか?

最初は、0期生というものがありました。一番最初に予祝をスタートした時です。私はずっと前から夢の叶え方であったり可能性の伸ばし方だったりの学びをしていたんですね。コーチングもしていたり、メンタルトレーニングも学んできていました。その中で、予祝メソッドが提唱している夢の叶え方っていうのは本当に素晴らしいなって、心から思っていて。そもそも私が予祝にスイッチが入ったのは、自分が酒蔵の娘っていうこともあって、日本の良き伝統文化を広めたいと思ったのが強かったからです。自分のDNAにスイッチが入りましたね。

それは、予祝の話を聞いたときに感じたのでしょうか?

そうです。予祝の話は、私にとっても魂が震えた瞬間でした。初めて聞いたのは、大嶋さんが仲間にめちゃくちゃワクワク話された時でしたね。

 

予祝メソッドの凄い所はどこでしょうか?

これはね、「楽しい」「わかりやすい」「結果が出やすい」の三つが大きいと思います。日本一子どもがキラキラ輝く「人間力子ども塾」という、大嶋啓介さん監修で矢部裕貴さんがプログラムを作った学校で、私が講師をやらさせていただきました。そこは,夢の叶え方を習得する。もちろん予祝も伝えてました。子どもたちにとって楽しい、分かりやすい、そして結果が出やすい。だから子どもたちは,どんどん予祝する。夢の叶え方は?って聞けば「予祝する!!」って答えてくれるくらい、楽しい、分かりやすい、結果が出やすい、これが良いところですよね。

予祝の楽しいと感じるのはどういう所ですか?

私は予祝マップを日本一作ってると思うくらい、予祝マップを作るのが趣味なんですよ。予祝マップを作るのが凄く好きです。予祝マップにする事で、その夢が叶った時の喜びと感謝が先に湧き上がってくるんです。そうすることで、やばいくらい夢が叶っていくんです。

先に喜びと感謝を味わってしまうんですね。

あとはメソッドの中で特に予祝インタビューがめちゃくちゃ好きです。予祝インタビューというのは、あたかもその人の夢が叶った状態になりきって行うインタビューです。予祝インタビューをすると、自分が本当に心から望むものや、本当にいきたい人生と出会っていくんですよ。自分が予祝インタビューを通じて、心からの思いに気づけた瞬間だったり、相手が気づいた瞬間というのは凄く、感動的です。時に涙するほど自分の本音に出会えて行ける。ホントに感動です。素晴らしいです。

予祝メソッドが分かりやすいなと感じるのはどういった部分ですか?

予祝は、ワクワクする。喜ぶと夢が叶っていくっていうシンプルな考え方。心→行動→結果の法則。心,感情をプラスにすると行動がプラス,結果がプラスになる。仕組みが分かりやすいなと思います。心が変われば結果が変わる、心は変えることができる、先に叶えたつもりになって喜んでしまえば、結果が出る心が作られる、っていうシンプルな教えですよね。どうなりたいのか、どうしたいのか、それがあたかも叶ったかのようにお祝いすると、心が喜んでいくよね、そしたら行動を起こしたくなるじゃん・・っていうものです。

確かにシンプルですね。今言って頂いただけでも理解できました。

しかもそれを、ちゃんと理論的に説明できるからね。脳科学だったり脳の仕組みだったりっていうところをね。もともと私は脳科学が好きだった事もあって、脳科学的なことをシンプルに分かりやすく、みんなが活用できるから、ハマったんじゃないかなと思います。楽しいです。

 

予祝を通じてどんな夢が叶いましたか?

たくさんありますね。迷っちゃいます。一番最初は、2017年に[大嶋さんと矢部さんと一緒に登壇する。仕事できました】って予祝マップを作ったんです。そしたら、2018年の3月にすぐ叶いました。それこそ「大嶋さんと一緒に仕事をしたい」と言ったら人間力子ども塾っていう塾ができて、さらに予祝講師になって倫理法人会に入ったきっかけも予祝でした。5月に講話するって言ったら本当に5月に講話できたりとか。

日付まで予祝通りになったんですね!

あとは2020年12月の倫理法人会の講話では、全国30箇所を回りました。と予祝マップを持っていったんです。その中で、好きなところを勝手にチョイス。城好きな私は,犬山城の城の写真を貼り,犬山で講話しみたく書いていたら,その1ヶ月後に電話がかかってきて、「犬山倫理法人会ですけど3月に講話していただけますか?」って。予祝は,やればやるほど夢が加速していきますね。本当にたくさんあります。2015年に私はドリームプランプレゼンテーションっていうのに出ていて、そこでお母さんの学校を作るっていう夢をプレゼンしたんですよ。それから2018年にはドリプラの実行委員長をやったんです。

ドリプラにも注力されたんですね。

2018年実行委員長をやり,それが終わってから私は,一年かけ夢を見つけ,夢の叶え方を学び,本氣で夢を叶える仲間を作り、夢を叶えるプレゼンにする【ドリームサポーターズアカデミー】それを全国各地に作り,各地区代表プレゼンターで夢 予祝プレゼンの甲子園大会みたくをするって予祝プレゼンをし,マップを作っていました。

これも叶ったのですか?

そうなんですよ。これはかなりやばくて大号泣しました。

どうやって叶っていったのですか?

大嶋さんが「予祝の学校を作る」って言ってきたんです。これ、全くその通りになったんですよ。予祝の学校って最後は夢のプレゼンで終わるんですよ。もうホントに描いた通り,自分がそれを作らなくてもひょいとプレゼントみたくやって来るんだなぁって思いました。またお母さんの予祝の学校でプレゼン大会で子どもたちに夢希望を与えて行くっ書いていたら6月にまさしく,それをスタートさせます。をやろうと思ったときに、お母さんの学校とドリームサポーターズアカデミーを一緒に、マップを作ったものに関してはほとんど全部叶っていると思います。叶いまくりです。予祝講師になると夢を伝える回数が増えるんです。シェアすればするほどどんどん加速していきます。

講師として教える事で自分の夢が叶いやすくなるという事ですね。

そうです。自分の夢を伝える機会も増えるし、講師が一番夢が叶います。倫理法人会の夢なんかも、語ったら叶っていったし。夢はやっぱり語ったら叶うんですよ。語れば語るほど夢がより鮮明になります。

忍さん以外の予祝で事例などはありますか?

沢山ありますが,中でも特に印象的なのは子ども塾の子です。その子は、最初は手を挙げるのが苦手、人前で喋るのが苦手で、学校の成績もほぼ全部△だったんですよ。だけど予祝を通じて、だんだんと人前で喋れられるようになり、小学校を卒業するときには◯が一つのあとは全部◎になりました。その子が新聞を作ってくれたんですよ。今は中学校2年生の子で。テレビにも取り上げられたりとかもして、ドリプラにも出てみんなの前で堂々と夢を語ったんです。「アロマとコミュニケーションで『アロマニケーション』っていう言葉を作って、みんながアロマのマッサージをするコミニュケーションで世界を平和にするんだ」って。

 

めちゃめちゃ凄いですね。

その子は、周りから批判された時にも、批判してきた人に対して「抱きしめてあげたい」って言うんですよ。凄くないですか。予祝をしたら夢は叶うと思ってますね。学校でも人を巻き込んでみんなで予祝をやって、運動会も全種目総ナメで1位になったりね。この子はすごかったね。あとは、中学校の野球チームで全国3位になった子がいるんだけど、その時にもらった感想がすごく嬉しくて、「悩みは夢、壁は可能性、できないと思ってた事ができるようになった」って言ってくれたんですよね。

 

予祝したことを叶えるために、日々取り組んでいることはありますか?

毎朝、予祝をしてますね。あとは、予祝チームで朝礼をやっています。とにかく習慣づくりですね。最近は予祝マップを毎日作りたいと思ったんです。それで簡易的なものを毎日作ってます。あとは毎日予祝マップを見ること、読むこと、感じることはやってますね。

 

最後に、現在叶えようとしている予祝をお聞かせください。

ありがとうございます。6月から、予祝の学校の忍校を開校します!

おお!どんな予祝の学校なのですか?

そこは,まるでディズニーランドのように「愛、夢、"can do (できる感動)"」の溢れる世界です。本当に自分がしたい事や、大切にしたい生き方と出会い、生きていけるようになります。大切な人,仲間を本氣で応援しあえる場を作って行きます。「叶えたくて仕方ない夢」に向かっていく大人たち、お母さんの姿が子どもたちに夢,希望を与えて行くんです。

素敵ですね^^

来年、2022年は、母の日に舞台で大人、お母さんが本氣で夢を語る予祝プレゼンをやります。大人が夢を語り、周りの大人がまた本氣でそれを応援して進んでいくことで、子供達が「自分もできる!」と夢や希望への一歩を踏み出す勇気にしていきたいです。

先に行くほど大きな未来が待ってますね!

さらにこれから1年かけて、「予祝講師119人と共に予祝マップを1000枚作る」という予祝もしてます!仙忍(1000人)愛喜道(あいきどう)予祝マップです(笑) その1000人の人たちと一緒に、2023年8月26日に60歳の還暦を迎えた時、名古屋のマリオットホテルのホールでパーティをするんです、大嶋さん主催で。1000枚の予祝マップから皆と共に叶えた夢や喜びを、私の60歳の誕生日に、自分のお母さんにプレゼントするっていうのを予祝しています。

壮大ですね!

私は「夢は、生きる力」と言っています。「命」です。ご先祖様から頂いた「命」を大切にすること、感謝することは、心の奥底にある思いを大切にする事や、自分のしたいことを叶えていく事そのものだと思ってます。夢があると、生きる力が湧いてきますから。

 

本日の予祝体験者

斎藤忍(さいとうしのぶ)
✈予祝グランドマスター講師
✈お母さんと子供の味方
✈最強応援団長
✈5万人以上の子どものスポーツ指導

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshuku

予祝インタビュアー 予祝を通じて素晴らしい人生の変化をえた人たちにお話をうかがって届けます♪

よんでほしい記事

1

予祝とは   夢がかなっているところを 前もって喜び、 先にお祝いすることで、 実現を引き寄せるという 日本人が昔からやっている 夢の叶え方。 前祝い。 ひすいこたろう・大嶋啓介『前位祝の法 ...

2

こんにちは 和弥です! あなたの周りにあなたを不幸に陥れてしまう様な人は いないでしょうか? 知らず知らずのうちに当たり前となり、 自分自身でも気づいていない場合があります。 今日は いますぐ縁を切る ...

-体験者の声

© 2021 予祝公式サイト