人間力大學事務局 加藤

自分の経験が人に勇気を与えているかも?

 

 

 

こんにちは!

人間力大學事務局の加藤です。

9月に入っても毎日、物凄く暑いですね!!

今日は仲間と長野に向かっていて、朝からめちゃくちゃワクワクしてます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗経験や挫折経験が人に勇気を与える?

 

 

 

 

 

 

自分が過去に経験した失敗や挫折経験、これは自分からしたら辛い過去かもしれません。

でも、実はこういう経験があって、今こう生きているというのは人に勇気を与えたりするんです。

こんなこと思ったことないですか?

例えばスポーツ選手や芸能人、有名な経営者などが過去下積み時代にこんなにうまくいかなくて、

こんな生活を送りながら、物凄い挫折経験を経て、今があるんです。

という話を聴いたり、本を読んだりしたときに、自分の心が熱くなって、

「よし!頑張ろう!」って思った。

こういう経験、僕はたくさんあります。

ということは、いま、あなたが辛いと思っていることは未来誰かの役に立つ経験になるかもしれません。

だからいま起きている目の前の辛いことが未来は・・・

 

 

 

 

 

 

 

『誰かに勇気を与える』

 

 

 

 

 

 

大切なストーリーかもしれないということなんです!

そう思うと今大変だと思っていることも「よっしゃー!やってやるぞー!」って、

気持ちになってきちゃいますね♪

 

 

 

 

 

 

弊社の漢那はこう話しています。

 

 

 

 

 

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです♪

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

株式会社プロセミ

代表取締役 加藤昌人

-人間力大學事務局 加藤

© 2020 予祝プロジェクトサイト