オススメ 予祝事例

お祭りで一番いい場所を獲れた!!

投稿日:

予祝MAP講師の岩井奈央子です。

岩井(いわい)という苗字が

祝い(いわい)みたいで気に入っています笑

 

今回、私の予祝事例として

毎年出店している

サマーフェスティバルの話を

させていただきます。

 

いつもは諦めて

毎年たこ焼きの屋台を

出店しているのですが、

メインステージ前の場所は人気があり

競争率が高いので、いつも諦めていました。

なので抽選なしで決まるような

無難な場所を毎年選んでいたのです。

しかし、

今回の私は違いました。

「予祝」を知ったから

なぜなら、

201876日の

前祝いの法則の出版記念講演に参加し、

「予祝」を知ったからです。

大嶋さんの講演を聞いたあと、

懇親会で予祝を実践し

予祝のやり方を覚えました。

 

なので、

サマーフェスティバルの

場所取り抽選会に行く途中、

自転車に乗りながら予祝しました。

「今年は、メインステージ前の最高の場所をとり

 売上もいつもの数倍になりました!!

 やったー!!!」

それを3回くりかえしながら、

抽選会場に向かいました。

※写真はイメージです

私は予祝どおりメインステージ前の

一番人気のある出店場所に申し込みました!

しかし、予想通り人気があり

私たち以外からも申し込みがあり、

抽選となりました。

 

しかし、

ここからが意外でした!

 

心の中で、

何度も予祝を唱えていたら、

なんと、私以外の申し込みグループ

別の場所に移っていったのです!

 

抽選なくして、

一番の場所を取ることができたんです!

 

大満喫のサマーフェスティバル

サマーフェスティバル2日間は

もう行列に次ぐ行列。

大繁盛でした!

たこ焼きの材料も切れちゃうくらいです!

売上は倍どころか、

1桁違うくらい!!

 

しかもメインステージからは

ジャズのいい音楽が流れてくるし

スタッフみんな楽しそうに仕事をしていました。

 

「予祝はすごい!!!」と改めて思い

『予祝MAP講師養成講座』へ申し込みました。

 

早速夢がかなった一日目の講座

『予祝MAP講師養成講座』は二日間の日程があり、

一日目と二日目の間が一か月空いています。

その間の話です。

 

一日目の講座では、自分の夢を具体的にします。

私は「介護セミナーをしたい」という夢を

具体的にイメージしました。

それからわずか1、2週間後です。

「一緒に介護セミナーやりませんか?」という

オファーが来たのは。

 

また予祝のすごさを実感しちゃいました。

 

でも、

介護セミナーをやるにあたって

一つ不安なことがあったんです。

 

それは、パワーポイントなどの

セミナーで使うパソコンのソフトが

全くわからないんです。

 

「どうしよう」と思っていたら、

「僕やりますよ」という保険営業マンが現れたんです!

夢が応援されている!!と思いました(^o^)

ということで、

この2月に初めてセミナーをします!

二日目の講義もおすすめです

ワークの順番が工夫されていて

私の「本音の願い」が出てきました。

 

私は、いまその願い(在り方)を実践しながら

生きています。

私は予祝MAP講師になりたくて申し込んだわけではなく、

もっと予祝について知りたい!と思って申し込んだのですが、

本当に価値のある二日間でした。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

この記事を書いたのは 予祝MAP講師 岩井奈央子

 

▼予祝MAP講師養成講座の詳細はこちらから

-オススメ, 予祝事例

Copyright© 予祝プロジェクトサイト , 2019 All Rights Reserved.