よしゅくのリョウ

気持ちと一緒に「お願い」しましょ!!

こんにちは、よしゅくのリョウです♪

みなさんは、人に『お願い』をするときどんな声掛けをしていますか?

 

 

 

 

 

「お願い」の仕方

頼む相手によってはお願いの仕方は変わりますが、

私は子どもが4人いて、6人家族なので、

困ったときには、

 

「○○とってきて~」

 

「○○してもらってもいい?」

 

シンプルな声掛けで妻や子どもたちに

お願いしていました。

 

子どもたちからは

「え~」

とか言いながら嫌々やってくれてます💦

 

たしかに、私も同じこと言われたら

「え~」ってなるでしょう。笑

 

こっちの都合だけで頼んでいるで、

相手の気持ちを無視した形になっているのです。

相手が何か作業している時ならなおさら。

 

「お願い」のポイント

 

そんな時、

お願いする前に「一言」添えてあげると、

お願いされた相手も

気持ちよく応えてくれると思います。

 

例えば、

 

「忙しい時にごめんね」

 

とか

 

「○○している時にごめんね」

 

などつけてあげるだけで、

お願いされた相手も

気持ちよく手伝ってあげよう

という気持ちになります。

 

この一言付けるだけで、

結果が変わってくるという研究結果が出ています。

 

素敵な一言

私の周りでも、文面の最初に

いつもありがとう

と書いてから本題をくれる方がいます。

 

職場の方なら

 

「いつもお世話になっております」

 

などの言葉を入れてくれることが

ほとんどだったので、

 

いつもありがとう」という言葉が新鮮で、

想いが伝わる素敵な言葉だと思いました。

 

常識的な言葉よりも

相手が伝えてもらって

嬉しい言葉を添えられると嬉しいものですね!!

 

以上、よしゅくのリョウでした!!

-よしゅくのリョウ

© 2020 予祝プロジェクトサイト