体験者の声

予祝体験者の声(2)|大武晶子さん

予祝を通じて最高の自分になれた!

「成功とは何か?」

お金、名声、社会的地位、物質的な豊さ・・。これらも無論、大切なファクターでしょう。多くの場合、「夢」と言えばこういった成功を連想されるかもしれません。

予祝はいわば夢を叶えるメソッドです。予祝を通じて収入が上がったり、競争に勝利したり、といった事例はたくさんあります。

しかし大武晶子さんによると、予祝の凄さは目標を達成することよりも、最高の自分になれることにあると言います。

とっても素敵なお話を聞く事ができました。予祝によって人生を変え、予祝講師をリードしている大武さんの話は、とても染み渡ります。ぜひご一読ください。

 

予祝に出会ったきっかけを教えてください。

もともとは、予祝に出会ったというよりは大嶋啓介さんに出会ったという感じなんです。最初は、大嶋さんが主催された熱海での研修合宿に参加したことでした。そこでの出会いが衝撃的だったんです。

どんな衝撃だったのですか?

何が衝撃的だったかというと、3つあって、まずは大嶋さんのエネルギーの高さ、それから質が凄くて、「何だこの人は!?」っていう衝撃でした。後は、そこに参加されている人たちのエネルギーの高さですね。「こんな大人達が世の中にはいるんだ・・!」って感じたし、そんな人たちを集結させている大嶋さんは一体何なんだって思いました。そしてもう一つが、大嶋さんがいつも口にされている、「大人が変われば子供も変わる。子供が変われば未来が輝く。」っていうその言葉が本当に凄いなっていうのを感じる出会いがありました。

それから予祝にはどのように繋がったのですか?

その後、地元の栃木で大嶋さんのイベントを主催させてもらったり、大嶋さんとの関わりが増えていったんですね。大嶋さんと一緒に活動していると本当に、尊敬と憧れと、心地の良さと、感じていたんです。そんな折に、大嶋さんが「アキちゃん予祝やるよ!」って言ってくださって。沢山の人に大嶋さんのことを伝えたいし、可能性をもっと広げていきたいっていう話は元々してたんですね。それで、メソッドが出来上がったよって言われたのが予祝だったんですよね。最初は、まず試しにやってみるからっていうことで、0期生として桑名に呼ばれました。

予祝0期生の講座の中で、初めて予祝の中身を知ることになったのですか?

そうです。要するに予祝講師養成講座の大元の部分を学びました。そこにいたメンバーも伝説的でしたね。

初めて予祝に触れてみたときの率直な印象をお聞かせください。

実は、その時にどう思ったか、あまり記憶がないんですよ。「楽しい」っていうのは分かりました。私の中で予祝が凄いなと思ったのが、じわりじわりと、自分の過去を振り返ったときに「あれ予祝だったな〜」って思うことがたくさん出てきたんですよ。後から自分の日常と繋がってきたっていう感じですね。後からですけど、自分の人生を変える最大の予祝だったなって気づいたのが、自分が40歳のときに人生の絶望を味わった時のことですね。絶望を感じていた頃、姉がやってきて「アキね、今は信じられないかもしれないけど、ここからが人生面白いんだよ」って言ってくれたんです。ここからの人生なんて、神様じゃないんだから誰も分かる筈ないんだけど、姉はそれを信じてくれました。「絶対アキの人生はここからだからね!!」って真っ直ぐに言ってくれたんです。今思えば、それが予祝だったなと思います。未来や可能性を信じる力として立ち直れた、当時は命を諦めようかと思っていたくらいだったから、本当に救われました。私の場合は姉が助けてくれました。そう思ったら、本当に未来信じる予祝の言葉っていうのは、人を救うなっていうのを感じます。人の可能性を信じる人がいるっていう、私は自分を信じられなかったけど、姉が信じてくれたから救われました。だから今度は自分がやりたいなという思いでやってます。

予祝講師になられてからは、どのように活動を広げてこられましたか?

まず、私は講師をやろうともやりたいとも思ったことが無く、人に何かを教えたことも無く、ド素人のままスタートしたんです。それよりも、「これめっちゃ凄いからみんなに伝えたい」っていう思いが勝ちました。できるかできないかで考えていたとしたら、絶対にできないっていう答えだったと思うんですけどね。予祝って、日本古来のものだし、日本人のDNAに入っているものだと思っているんです。だから、新しいメソッドを覚えるというよりは、元々持っているものを思い出すっていう方が近いと思っています。自分が講師をやる時も、教えるというよりは、思い出してもらう感覚でやるようにしています。実際に講座をやっていても、最初は少し構えてくる人もいらっしゃいますが、「振り返ってみたら私も予祝してました〜」みたいに言ってくれる人はとても多いです。そうやって、実は予祝って私たちの日常に組み込まれているんだって気づいてくれるのが、講師をやっていても一番嬉しい瞬間です。

予祝がすごいと感じたエピソードを教えてください。

これは講師になってからの話なんですけど、ウチの慈英が家出をしたんです。中学3年生の秋でした。もう受験期まっただ中で、志望校を決めて願書を先生に提出しなきゃいけない時期なんですよ。そんなときに、家出しちゃって、しかも1ヶ月くらい帰ってこないんですよ。もう成績どうこう以前に、出席日数足りてないみたいな感じです、中三の受験期に。私はそのとき、慈英が高校に行きたいと思っているのであればそれはピンチだと思ったし、ちょっとまずいなと思ったんです。

確かに、大変な状況ですよね。。

だけど、慈英の気持ちを考えてみたら、無理に連れ帰るのは親のエゴなんじゃないかとか、どうすればいいか分からなくなっちゃったんですよ。慈英は東京にいる兄のケンシンの家にいたんですけど、ケンシンもまだ17歳だから、どうすればいいか分からないと。それで栃木から迎えに行くことにしたんだけど、そこで大嶋さんに相談してみたんです。そしたら、「アキちゃん、もしこの問題が全部解決したとしたら、どんな未来が待ってる?大丈夫、アキちゃんなら絶対大丈夫。」って言ってくれました。その時に、自分は予祝講師なのに未来に目を向けず、目先のことに深刻になっていたなって反省したんです。慈英を迎えに行く車の中で、改めて最高の未来を考えてみたら、やっぱり彼らが温かい家庭を築いて幸せに暮らしている姿が一番だと思いました。だから、受験で失敗したり出席日数が足りなかったりっていうのも別に関係ないなと思って。

大切なものが見えてきたんですね。

むしろ、彼らが親と疎遠になってしまうのが辛いなと思って、そこで自分の親のとしてのあり方が決まったんですよね。もし、慈英が今は親と一緒にいたくないならそれでもいいから、ある程度の距離感がある中でいい関係を作っていきたいと思った。日本だと親子が離れていると難あり、みたいに思われてしまうかもしれないけど、自分たちにとっての最善策を取ろうと。日本一幸せな距離感で日本一幸せな家族でいればいいって決めることができて、慈英が帰ってくるかどうかはどうでもいいなと思ったんですね。それが、予祝だと思ったんです。目の前の問題を全て受け入れて、未来に向けて気づかせてくれてありがとうって思えたし、肩の荷がおりました。それで実際に慈英に会ってみると、あっさりと「帰る」って言ってくれたんです。その時は、何を自分は悩んでいたんだろうって思いました。最高の未来を考えるヒントをくださった大嶋さんからの質問と、予祝の力を改めて実感しましたね。

パワー溢れるお話ですね。それから講師業にもいっそう力が入っていったんですか?

そうです。自分のあり方が見つかってあらゆるものを前向きに捉えられるようになると、問題が問題じゃなくなってくるんですよね。そういう体験を自分がしたから、それをオススメするようになりました。なんかね、勝手に解決されていくイメージです。問題を問題にしているのは自分だったなと思います。

アキさんは普段、どのように予祝に取り組んでいくのですか?

これはシンプルで、「今この瞬間をめちゃくちゃ楽しむ」ということです。予祝は未来のことだと思われがちで、それも正しいんですけど、真髄は「今を楽しむ」ということなんですよね。今この瞬間のエネルギーが未来につながるっていう話なので。だから恥ずかしい話、スケジュールもあまり先がわかっていなくて、常に今、今、次、っていう感じです。とことん今を楽しむっていうことに挑戦中ですね。

どうしても未来のことに気を取られてしまうのですが、どうすればいいでしょうか?

本当に単純なんですけど、表情と言葉を変えるだけで一瞬にしてなれます。これはちゃんと立証されている話でもありますけど、笑顔でいることだったり、言葉をポジティブにすることでどんどん面白くなっていきます。言葉も、何かと語尾に「ましょう」とつけて、しましょう、やってみましょう、って言ってみたり、くだらないんですけどね。すごく面白くなります。

どちらかというと、具体的に「これが叶いました」というよりは、私はあり方重視でお伝えさせていただいているのもあって、「こんな自分になれました」という事例が多いですね。自分が変われたっていうことで喜んでくれるのが、本当に大きいです。ある女性の方は、鬱になっていて朝起きるとお腹が痛い、精神的にも本当に辛くて、死にたいっていうくらいだったのが、予祝を通じて変わったんですね。今では、ずっとコンプレックスにしていた事が自分の魅力になったって言ってすごく輝いています。自分の見た目や性格に自信を持てなかったのが、みんなから認められて愛されて、自信がついていく姿をみると感動的でしたね。

素晴らしいですね。

後は、慈英が今度からてっぺんで働かせて頂くことになりました。ずっと憧れていたのが叶ってよかったと思っています。

おめでとうございます!

予祝によって人生が好転していくのは、どうしてだと思いますか?

それは、「できる気がする」からだと思います。結構ゆるくてもいいと思うんですよ。絶対にこれを叶えなきゃいけないんだ〜!!というよりも、これできるかな?あれできるかな?・・できるよ〜!みたいなね。そんなゆるさが結構効くなーと思っています。

最後に、現在の予祝をお聞かせください。

本当の先々を見た時には、私の予祝って100年後とかなんですよね。うちの子ども達がいじめを経験した事があって、その時は本当に苦しい思いをして、毎日家に帰ってきてくれるだけでありがとうって思うくらい、過酷な体験をした事がありました。だけど子供がいじめをするのって、嫉妬心からやっちゃう事がほとんどだと思うんですよ。魅力があるからこそ、仲間外れにしたりいじめちゃったりすると思うんです。それが、他人の魅力をお互いに認められるようになって、それぞれが自分らしさを全面に出してそれを認め合っていける世の中になったらいいなと思っています。それで100年後の子供達は「いじめって何?」みたいな、死語になってるくらいになったらいいですね。何かに本気で熱く生きている人とかって、どうしても少数派だし批判を受けたりしがちだけど、きっとそれは憧れられてるからだろうなって。だからこれからは一人でも、熱く本気で生きる人を増やしていけたらなと思っています。

 

本日の予祝体験者

大武晶子(おおたけあきこ)
✈予祝グランドマスター講師
✈一般社団法人日本今だぜ協会  代表理事
✈マーコティング事務局
✈笑顔セミナーアンバサダー
✈矢部式心理メソッドアンバサダー
✈人生倖天スパイラルセッション

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshuku

予祝インタビュアー 予祝を通じて素晴らしい人生の変化をえた人たちにお話をうかがって届けます♪

よんでほしい記事

1

予祝とは   夢がかなっているところを 前もって喜び、 先にお祝いすることで、 実現を引き寄せるという 日本人が昔からやっている 夢の叶え方。 前祝い。 ひすいこたろう・大嶋啓介『前位祝の法 ...

2

こんにちは 和弥です! あなたの周りにあなたを不幸に陥れてしまう様な人は いないでしょうか? 知らず知らずのうちに当たり前となり、 自分自身でも気づいていない場合があります。 今日は いますぐ縁を切る ...

-体験者の声

© 2021 予祝公式サイト