体験者の声

予祝体験者の声(7)|中澤エミさん

予祝 x ビジネスで成果がグン伸び!!

スポーツや教育の現場で、徐々に予祝の認知が高まってきています。

アスリートが全国大会で結果を出したり、子供の成績が伸びたりと、予祝の効果が知られるようになってきました。

この予祝が、ビジネスにおいても非常に相性良く活用できると、予祝マスター講師の中澤エミさんは言います。

エミさんは、BNIという大きな交流会を運営する実績あるビジネスパーソンですが、予祝を通じて沢山の人が成果をあげる姿を見てきたそうです。

予祝をすることで収入も上がって、幸せにもなれて・・・と考えていたらヨダレが出てきてしまうお話でした^^

 

普段はどのように予祝を活用されていますか?

私はビジネスを専門に講師業をしていて、そのプログラムに予祝の要素をかなり使わせて貰っています。「予祝講座」と銘打っての取り組みは少ないですが、ビジネスセミナーを通じたものであれば、200名近くの方々に予祝を伝えてきているのでは無いかと思います。普段やっているマーケティングのセミナーでも、目標設定のメソッドとして予祝をやったりしています。

予祝を知ったきっかけを教えてください。

予祝を知ったのは、2年くらい前だったと思います。その時に倫理法人会で大嶋啓介さんが登壇されると知って、講演に参加しました。大嶋さんのことは、もともと息子から名前を聞いていたんです。それで講演に参加をしたら衝撃を受けて、「こんなメソッドがあるのかー!これは私の仕事にはめちゃくちゃ役に立つな」と思ったんです。その日の夜の懇親会では、大嶋さんに「自分が運営している名古屋のイベントで登壇してくれませんか?」と頼んだら、結構あっさりと「いいよ」って言ってくださりました。それから数ヶ月後ですね、実際に名古屋のイベントに大嶋さんに登壇して頂きました。

あっという間ですね。行動力がすごいです。

当日は300人満席で、もの凄い大盛況でした。そこで改めて大嶋さんの知名度の凄さにも驚いて、参加者の方からも沢山の感謝のメッセージを頂きました。予祝って、スポーツや教育の世界ではよく使われているんですけど、ビジネスの世界ではあまり浸透していないように思います。だけど、私としてはビジネスの世界でもっと予祝が広まって欲しいですね。私の講座でも、予祝の考えをビジネスに取り入れて、「経営者の方が達成したい目標をいかに達成していくか」という事を伝えさせて貰っています。

最初に足を運んだ講演会でも、予祝の話をされていたのですか?

もちろんです。あの時は倫理法人会という、経営者の方が多く参加している場だったので、大嶋さんもビジネスに寄せて話してくださったのかなと思います。

 

予祝に関するお話の中で、特に印象に残っていることはありますか?

「予祝のやり方」ですね。「達成したことを先にお祝いする」というやり方が印象的でした。ちょうどその頃、崖っぷちに立たされていた人がいたんですけど、それをどうやって立ち直らせようか考えていた時でした。そんな時に大嶋さんの講演を聞いて、「これだ!」と思いました。後は見よう見まねで、予祝講師でもなかったけどYouTubeやインターネットから予祝の情報を集めて、伝えていったんです。そしたら、本当に達成したんですよ。

すごいです!

「予祝すごいな」と思って。今思えばYouTube見ただけの知識でしたけど、本気でした。

エミさんは普段、どんなセミナーをされているのですか?

コンテンツは色々あるんですけど、基本的には経営者の方々やそれに近い役職の方々に向けたセミナーです。マーケティングからクロージング、プレゼンテーション、チーム作りなど、様々やっています。

予祝はどう取り入れていますか?

予祝は目標設定のツールとして活用することが多いです。今年からは、コミュニケーションビジネスというか、女性の方々に向けてセミナーをよくやっているのですが、その中で予祝を伝えています。めちゃくちゃ評判いいですよ。

 

予祝の中で魅力に感じているのはどんな所でしょうか?

ビジネス系の私としては、やはり「目標設定」の方法として予祝は優れているなと思っています。私は目標設定をするとき、どうしても時間がない時には二つの質問をするんですね。「もしも全ての事が可能だったら何をしますか?」というのと、「やろうと思っていたけど、やるのが怖くて諦めてきたものは何ですか?」の二つです。この二つが、すごく相手の潜在意識に響くんですよ。経営者の方ってどうしても頭で考えて目標を設定しがちなんです。「今年はこのくらいだったから、来年はその120%くらいかな」って。でもそれだとマインドが乗っていないから、なかなか叶わないんですよ。目標を達成するためには、思いが乗った目標を設定する必要がありますけど、予祝はそれに対してすごく有効です。「夢を叶える」のはもちろんですが、「目標設定のツール」としても予祝は強力だと思います。叶いやすい目標になりますよね。思いも感情も乗るので。

頭で考えているだけでは想像もできないような目標を立てる方もいるのですか?

いますよね。例えば10倍とかね。もちろん、10倍目標が達成できない場合もありますけど、高い目標を設定したことで2倍の成果が出たとしたら、それは結果オーライじゃないですか。目標に期限はつきものですが、その期限が来たときに、「目標を達成したかどうか」よりも「元の状態からどのくらい成果が出たか」に焦点を当てる視点を持つことがすごく大事だと思っています。10倍の目標を立てたからこそ2倍になったのかもしれないですしね。

ビジネスに予祝を活用することでとても成果が上がりそうですね。

本当は、もっと大嶋さんにビジネス系の事をやってもらいたいんですよね。特に中小企業であれば、社長の考え方一つで会社がガラッと変わったりします。なので、中小企業の経営者の方々向けに大嶋さんの考え方を広めるような取り組みも、もっとやっていきたいです。

 

「本気」を引き出すためにされていることはありますか?

「本気を引き出す」ためには、潜在意識にアクセスすることが大切です。セッション中もそれは意識しますね。予祝の学校の講師もさせて貰っていますが、そのメソッドの段取りを踏んでいけば、自分の本音に寄り添った目標が大体立ってきます。

予祝の学校のメソッドはそれだけ体系立てられているんですね。

はい。しっかりと組まれていますよね。ちゃんと考えられて、その通りにやればほとんど抜け目なくできるようになってると思います。目指す所がちゃんとあって、ワークを通じてそこまで皆がたどり着けるようになってます。

 

予祝講師になられるまでの経緯を教えてください。

大嶋さんの講演会に行ってから、まずは見よう見まねで予祝の講座をやっていました。その結果うまく行って、「もうちょっと勉強したいな」と思って、伊勢合宿と予祝講師養成講座の二つに参加しました。

伊勢合宿とは何ですか?

伊勢の研修所で行われた研修です。「人として大切なこと」を学びました。その内容も凄くよかったです。大嶋さんが主催されて、大嶋さんがお話をする時間もあって、人生初の禊も体験しましたね。寒い時期に川に入ってね、すごくよかったです。それから三重県の桑名で開かれた予祝講師養成講座にも参加して、予祝講師になりました。

これまでに叶えてきた予祝について教えてください

私は現在札幌に住んでいるんですけども、元々愛知県でBNIというフランチャイズのオーナー権を持って経営をしていました。そんな中で、「いつか札幌でBNI0からスタートしたいな」って漠然と思っていたんですけど、ある時、「いついつまでにやろう!」って突然湧き起こったんですよ。きっと潜在意識から出たのだと思います。それはコロナの影響で多少時期が遅れたとはいえ、予祝通りにスタートできました。

おめでとうございます!

それから先日、大嶋さんの勉強会でも登壇させて頂く機会があって、その最後にセミナーの告知をさせて頂いたんです。実は、その告知が初めての一般の方々向けセミナーでした。今までもBNIで活動していたのでコンテンツは持っていましたが、BNI以外の方々を対象にしたセミナーなんてやった事ないし、何をどうやって始めたらいいのかも分からない。何も決まっていない状態でした。それでも、告知だけさせて頂いたんです。それが2月末だったんですけど、ちょうど本日512日にグループコンサルティングがスタートします。生徒さんもそれなりに集まってて、「やっぱり言葉にすると叶うな~」と思ってびっくりしていますね。「本気で予祝すれば叶うな~」と実感しています。

凄いですね!そのセミナーをやると決めたのはいつだったのでしょうか?

228日のスピーチ原稿を作りながらだったので、225日とかですね。本当に直前でした。せっかくお話をするんだったらと思って、最後の最後にぽっと足したんです。「何を足そうかな~?」と自分に問いかけた時に、「以前から女性のコンサルタントや経営者を応援したいと思っていたな~」と思って、予祝したら本当に叶ったんですよ。ビックリしました。わずか3ヶ月もしないくらいで、あっという間に叶っちゃいましたね。

コンテンツもその後から組んでいったのですか?

元々バラバラの状態でいろいろなコンテンツを持っていたので、それを組み合わせた感じですね。なので、ベースはあったけど、カリキュラムには成っていなかったです。

 

一度予祝した事については、どのように行動していくのですか?

どんな予祝をするときも、自分が「本気」で予祝をしていることが凄く大事だなと思っています。自分が本気で予祝をすると、方法は後からいくらでも出てくるイメージですね。やろうとしている意図がすごく大事です。だから、「どのようにやったか?」と問われても、ただやっただけというか、本気のあるがままに行動しただけなんですよね。本気でさえいれば自然と人に伝えるし、その時にできる事をやるし、、、。あとは人間の「本気でやる人を応援したい」という心理を集める事ができますよね。結構、自動的にサポートが集まりますよ。

相手側からサポートして貰えるようになるという事ですか?

はい。本気になるとシェアをするじゃないですか。そうすると「こんな人を紹介しようか?」みたいな、そういうのが集まってきますよね。

 

現在の予祝をお聞かせください。

今やっと札幌のBNIがスタートしたので、5年後、2026年の4月時点で、引退をしたいですね。その時に、私がいなくてもちゃんと回る状況を作るのが今の予祝です。「自分がいなくても回る状態」を作るというのは、経営者としての最高峰だと思っています。なかなか出来ることではないので、目指したいです。理想のリーダー像の段階というものを学んだ事があるのですが、最高峰の状態ですね。

 

本日の予祝体験者

中澤エミ(なかざわえみ)
✈予祝マスター講師
✈BNIエグゼクティブディレクター
✈数百社の経営者の方々と関わり売上拡大のお手伝い✨
✈各種研修/セミナー開催・コンサルティング・マーケティングサポート事業

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshuku

予祝インタビュアー 予祝を通じて素晴らしい人生の変化をえた人たちにお話をうかがって届けます♪

よんでほしい記事

1

予祝とは   夢がかなっているところを 前もって喜び、 先にお祝いすることで、 実現を引き寄せるという 日本人が昔からやっている 夢の叶え方。 前祝い。 ひすいこたろう・大嶋啓介『前位祝の法 ...

2

こんにちは 和弥です! あなたの周りにあなたを不幸に陥れてしまう様な人は いないでしょうか? 知らず知らずのうちに当たり前となり、 自分自身でも気づいていない場合があります。 今日は いますぐ縁を切る ...

-体験者の声

© 2021 予祝公式サイト