オススメ 予祝事例

緊張を乗り越え予選をピアノコンクールの通過!

こんにちは。

予祝MAP講師の齋藤忍です。

 

人間力大學子ども塾(※)のリサちゃんが、

ピアノのコンクールに出たときの話です。

※人間力大學子ども塾:https://ningenryokukodomojuku.webu.jp/

 

いつも本場で緊張してしまい、

自分の実力の半分ぐらいしか出せないリサちゃん。

 

そんなリサちゃんがコンクールに予祝をして臨みました。

強弱や、ミスに気をつけて弾けました!

とっても嬉しいです😊

byリサちゃん

そして、

そのコンクールの結果は、、

なんと予選突破!!!

今までは実力の半分も力が出なかったのに!?

コンクールでリサちゃんが弾き終わったあと

お母さんが聞きました「どうやった?」

すると、

「予祝通り 弾けた」と言って喜んでいました。

お母さんは、

大舞台で明らかに上手な子たちばかりの中で

堂々と落ち着いて、ミスなく、

自分らしい演奏をしているリサちゃんの姿を見て、

大変感動したそうです。

予祝を実践している人間力大學子ども塾

人間力大學こども塾では

予祝をすでに教育の一部に取り入れています。

  ▲ひとつひとつが子ども達の「叶った予祝」です。

こうやって願いを叶えた先の喜びが

生活に根付いている子どもが増えていくと

日本が明るくなるきがしませんか?

 

この記事を書いた人は  予祝MAP講師 齋藤忍

-オススメ, 予祝事例

© 2020 予祝プロジェクトサイト